院長紹介

 平成16年3月まで聖マリアンナ医科大学を中心に一般消化器外科医として活動して参りました。癌治療の一端である外科的治療(特に肝切除、膵頭十二指腸切除および腹腔鏡下手術)の技術向上に全身全霊を傾け、非常に充実した仕事をさせて頂いたと思っております。

 平成16年4月よりこの希望が丘の地に開業し、今までの経験を生かし癌の早期発見、早期治療を実践するだけでなく、癌予防、さらには癌を上回る日本人の死因トップである生活習慣病の改善予防に努めたいと思っております。薬だけに頼るのではなく、生活全般の見直し、良い習慣と悪い習慣の区別、ストレスからの開放、そして運動療法をフィットネスクラブとコラボレーションすることにより具現実行しております。患者様一人一人の立場、状況に応じた健康というものを誠実に考え提案していければと思っております。
 
 明るく爽やかなスタッフがお待ち申し上げております。皆様のご意見を大切にし、時にはこれまでの病院の枠を超えた様々なイベントやサービスも提供していきます。“皆で成せ”の“みなせ”です。宜しくお願い申し上げます。

あいさつ

日本外科学会認定 外科専門医
日本消化器外科学会認定 消化器外科認定医
日本医師会認定 健康スポーツ医
日本体育協会認定  スポーツドクター

学歴・職歴・所属学会はこちら

羽地 桂作(はねじ けいさく)